No.31

毎日暑い日が続いていますが、皆様、体調など、崩されてはいませんか。

あいさつも、毎日暑いですね、とぼやいてしまい困ったものです。

暑い上に、更に不況が深刻になって来ました。しっかりと景気対策をしてもらいたいと思います。安易に増税や赤字国債を使用するのではなく特別会計などの積立金や余剰金(いわゆる埋蔵金)を使用すればよいのです。議会でも、今後、就労支援や社会保障の充実など生活の問題に取り組むよう提案していきます。

 さて先日、青年会議所の例会で横石知二氏の講演を聞く機会があり、大変刺激を受けました。横石氏は徳島県上勝町にある「彩」代表で、「葉っぱを売ろう」とひらめいて農家のおばあちゃんたちと一緒に仕事を始め、大成功した人です。

清瀬でもやれば出来る。私ももっと頑張らなければと思いました。

ひまわりフェスティバル

7月から8月にかけて、下清戸でひまわりフェスティバルが開催されました。10万本のひまわりはなかなか壮観でした。かなり遠くの方からも観光にきていて、今後、清瀬を代表するイベントになる大きな可能性を感じました。私もカキ氷づくりを手伝いました。カキ氷づくりもやってみると結構楽しかったですよ。関係者の皆様、ボランティアの皆様お疲れ様でした。

川まつり

8月2日、第一回目の川まつりが開催されました。水と緑のまちづくりのために、ぜひ川まつりをやりたいと提案していたこともあり、実現して感慨深いものがありました。私も青年会議所の一員としてスタッフで働いてきました。川に入って安全対策をする役目なのですが、入りっぱなしだと結構疲れます。この日、40歳になったのですが、若いつもりでいましたが少し年を感じる頃になりました。まつりは大きな事故もなく、無事終了しました。これからも清瀬を代表するまつりに発展していってほしいと思います。

にんじん焼酎

昨年好評だったにんじん焼酎「君暮らす街」が、今年も発売され好評のうちに五千本完売しました。清瀬在住の太田隆司さんによるラベルも新しいものになりなりました。これをきっかけに、清瀬の農業・商業が盛んになってほしいものです。常時販売してほしいという声もありましたが、限定品だから人気がでるのかなとも思います。皆様はどう思いますか。

↑ページトップへ

6月議会の私の主な一般質問

「就労支援について」

清瀬市としても就労支援を進めてほしいと訴え、清瀬市在住の方の就労相談の件数や年齢構成を伺うとともに、今後の就労支援対策について要望しました。

「二酸化炭素の削減について」

清瀬市でも、市全体で二酸化炭素削減に向けて目標を定め、以前計画されたエコアース計画の見直しなどを通じて、具体的な行動を起こし、行政と市民が協働して環境先進市を目指すべきだと提案しました。

「リサイクルについて」

ペットボトルのキャップは、800個集めるとポリオのワクチンに交換できます。カンビールのふたはとくに質のよいアルミを使用しているので、車椅子に交換できます。こうした活動に積極的に取り組むよう提案しました。

「金融教育について」

若いうちから正しい金融教育を受ければ、トラブルを事前に防げることも多いのではないでしょうか。また、お年寄りも、金融教育をうけることで、詐欺にだまされることも防げるのではと思います。生涯学習として、金融教育の実施を検討してほしいと提案しました。

「お年寄りが安心する政策について」

高齢化社会の進行に伴い、特別養護老人ホームなどがさらに必要となりますが、現在、希望する方は申し込みからどれくらいで入居できるか伺いました。
また長寿医療制度について相談・問い合わせ件数について伺うとともに、お年寄りが気軽に相談できるよう広報してもらいたいと要望しました。

「子育てクーポンについて」

秋田市では、在宅で子育てをしている保護者に、遠足プラン・一時保育プラン・絵本プランの三つの子育てサポートクーポンを実施しています。清瀬市でも、こうしたサポートを参考に更なる子育てサポートを検討してほしいと要望しました。

「小児救急相談について」

こどもの怪我や急病をいつでも気軽に相談でき、アドバイスしてもらえる24時間対応の小児救急電話相談を検討するよう要望いたしました。

「その他の質問」

・戸別収集について ・川づくりについて・集中豪雨対策について

・自治体の防災訓練について 学力向上について等の質問を行いました。

お問い合わせ

〒204−0003 清瀬市中里3−947  電話・FAX  042―494−3595

↑ページトップへ